履歴書で落ちまくる看護師の改善ポイント

履歴書で何度も落ちているときには一度客観的な視点をいれることをおすすめします。

  • キャリアコンサルタント
  • ハローワークの担当者
  • ナースセンターの相談員

などを利用して再作成をすると改善できます。
特に直接応募をしている看護師さんは利用価値は非常に高いと思います。

既にコンサルタントを使っても何度も落ちている場合

既にコンサルタントやハローワーク、ナースセンターの相談員に添削をしてもらっているにも関わらず落ちている場合は、落ちた原因を確認することが必要です。

原因が分からなければ、改善ができません。
落ちた本当の原因を聞かされることは怖さもあります。

しかし、本当の原因が分かることで初めて前に進めます。
気を使われたような理由であれば「本当の理由を教えてもらえませんか?」と聞いてみてください。

そこで初めて本当の原因が分かるかもしれません。

採用率の高い人材紹介会社を利用してみる

看護師の人材紹介を行っている会社は非常に多くなっています。
特に2007年のリーマン・ショックを境にして、看護師の人材紹介を始めた企業は多いです。

一般的な職種では不況のときには人材紹介の需要が激減します。
景気の影響をモロに受けてしまった打開案として、不況の影響がない看護師業界へ参入したからです。

これは悪いことという意味ではありません。
ただ病院との信頼関係が築けていないところもあります。

その点で昔から看護師の人材紹介をおこなっている会社は病院との信頼関係ができています。

仮に経歴上でマイナスな点があっても、「○○会社の○○さんがそこまで言うなら会うだけなら」ということで面接までいけることも少なくありません。

実際に書類選考で落ちまくったのに面接まで進んだら一発で合格したという看護師さんもいます。

そのためあまりにも履歴書で落ちるなら採用率の高いナースパワーなどを利用してみましょう。

  • 業界で初めて厚生労働省に認可された
  • 業界歴25年で病院との信頼関係が深い
  • 病院が支払う紹介料が業界でも低料金
  • 採用率が90%を超えている

ナースパワーの公式サイトはこちら

このページの先頭へ